おひつ  仁多米はご飯本来の粘りと甘味のあるお米です。

 

美味しい炊き方のコツは研ぎ方と水加減です。

下記の炊き方を参考にして炊いてみて下さい。

 

1-はかる

 

お米は計量カップで正確に計ります。

ポイント                            量を炊くとき正確に計らないと炊き上がりに大きく影響します。  箸などを使ってすり切に計りましょう。

   計量

 
 

2-とぐ

 

お米は大きな容器(ボール等)に入れ、水を一気に注ぎます。

  • 全体を大きく混ぜたらすぐに水を流し切ります。
  • これをもう1回繰り返します。

ポイント                            水を手に受けながらあたりをやさしく。 2回は研がずにすばやくすすぐ程度で水をきる。

○全体を大きく混ぜたらすぐに水を流しきります。

ポイント                            1回目は研がずにすばやく水をきる。

3度目からは少量の水を入れてシャッシャッとお米をつぶさないよう手を返しながらとぎ、水をたっぷり入れては水をきります。

   洗米

水きりの最後に白いものが混じらず、半透明になったら結構です。

といだお米をザルにあげ、水を吸わせながら水気を切ります。

ポイント                               最近は精米技術が向上しているので精米したてのお米なら3~4回研いだ程度で十分です。

 
 

3-水加減

 

○お好みにより水加減を決めてください。

ポイント                               最近は乾燥・貯蔵状態がよいので新米でも水を減らす必要はありません。                             初めは炊飯器のメモリに合わせて炊いて、あとはお好みの硬さに水加減をしてください。

   水加減

 
 

4-ひたす

 

○炊飯までに水に浸し十分に水を吸わせます。

ポイント                               水を十分に吸わせることでむらなくふっくらと炊けます。                            春・秋で1時間 冬場で2時間 夏場で30分は浸す。

   浸漬

 
 

5-たく

 

○スイッチを入れます。

ポイント                               量を炊く時はスイッチを入れる前にお米を軽く下から上に混ぜ均一にする。

 
 

6-むらす

 

○スイッチが切れたあと、10~15分はふたを開けずにむらします。

ポイント                              短すぎても長すぎてもだめ。

   蒸らし

 
 

7-ほぐす

 

○むらし終わったらすぐしゃもじで釜の底のほうからご飯つぶをつぶささないように大きく混ぜます

ポイント   余分な水蒸気が逃げてベタつきを防ぎます。   ほぐし

 
 
  • 美味しく炊けましたでしょうか?
  • 美味しく召し上がって頂くためにも保存時間は長くても8時間以内にして、食べきれない分は冷蔵庫か冷凍庫で保存してください。