奥出雲仁多米株式会社は奥出雲町の全額出資会社です

仁多郡カントリーエレベーター全景

 田んぼで収穫した稲(生籾)をそのまま搬入して適度に乾燥させ、生きた籾のままサイロで貯蔵する施設です。

 仁多郡のカントリーエレベーターは、全てのサイロに冷却装置が装備されており、夏場でも新米と変わらない品質を保っている他、精米までこの施設で行い、一貫した産直体制をとっているのが大きな特徴です。

施設概要

敷地面積  9,352平米(2,830坪)
総処理量  2,400t(玄米換算)
施設床面積  1,626平米(機械室1,106平米)
主要設備
  1. 荷受設備 20t/h×2 + 12t/h×1
  2. 乾燥設備 183.2t
  3. 貯蔵設備 300t(乾籾)×10基
  4. 精選設備 サイロ1基/4日処理
  5. 籾摺調整設備 32t/日
  6. 計量出荷設備 自動30kg袋詰め
  7. 精米設備 10t/日(1.4t/h)
施設管理運営   JAしまね雲南地区本部に委託

主要設備の紹介 

荷受ホッパ
▲荷受ホッパ
刈ってきた生籾を投入します

主操作盤
▲主操作盤
サイロ管理・籾摺りまでを行います


自動自主検定装置
▲自動自主検定装置
荷受した籾の品位を量ります


大型循環型乾燥機
▲大型循環型乾燥機
お米を傷めないよう
2段階で乾燥します
 
籾すりユニット
▲籾すりユニット

 
精米ユニット
▲精米ユニット

 
出荷ユニット
▲出荷ユニット

 
自動紙袋結束機
▲自動紙袋結束機


ロボットパレタイザ
▲ロボットパレタイザ

 

 >> 奥出雲仁多米株式会社 会社概要へ